管理者研修、資格認定事業

障がい者雇用などに関連した、各種管理者研修・資格認定を通じ、企業の人財育成の支援

各種管理者研修

  • 中小企業管理者向けセミナー

    管理者研修、資格認定事業
    障がい者を社内に受け入れる際、一番重要な点は経営者、社員の皆さんの理解です。
    一定の知識なくして障がい者雇用を行うと、後々トラブルが発生するリスクが高まります。
    中小企業管理者向けセミナーでは、障がい者雇用施策、関連する法律の改正など、障がい者雇用の現状から今後の障がい者雇用施策のポイントなどの説明をいたします。
  • 施設責任者向けセミナー

    管理者研修、資格認定事業
    農園並びにサテライトオフィスでの障がい者雇用を行い、障がい者と共に作業をし、管理する上で、障がい者を理解することが不可欠です。

    障がい者に関する一定の知識を保有し、一緒に働く上でのノウハウ、そして、管理手法や管理手順など基礎的部分の説明をいたします。
  • 作業者向けセミナー

    管理者研修、資格認定事業
    作業者の能力に合わせて仕事をする上で必要なことを丁寧にお伝えしていきます。

    これまで障がい者と一緒に働いてきた経験やノウハウを生かしてご説明していきます。

施設管理者資格認定制度

農園及びサテライトオフィスで障がい者雇用を行い、障がい者と共に作業をし、管理する上で、障がい者を理解することが不可欠です。 障がい者に関する一定の知識を保有し、一緒に働く上でのノウハウ、そして、管理手法や管理手順など、最低限必要な知識が必要です。 はじまりの福祉型事業協同組合は、ウェルフェアサポートラボラトリー(WSL)及び一般社団法人ウェルフェアサポートジャパン (WSJ)との連携により、 施設責任者に対する資格認定の取得のための研修を行い、試験を受験いただける知識を提供いたします。

※施設責任者認定は、民間の任意資格として、施設責任者が、障がい者雇用における農園及びサテライトオフィスの管理者として、定められたレベル以上の知識を有していることを第三者として評価、認定するための仕組みです。 資格は、3年間毎の更新が必要となり、3年毎にWSLが認める時間以上の継続的能力開発セミナーを受講しているか、それと同等の研修を受講していることが必要です。

管理者研修、資格認定事業

施設責任者研修カリキュラム

・障がい者雇用について
・障がいについて
・障がいに応じた理解と対応について
・企業用自己診断チェックについて
・施設運営、管理体制制度について
・緊急時の対応、非常災害対策について
・衛生管理について
・手順と記録について

施設責任者として必要な力量の提供

・障がい者と共に働く上で、また、作業を監督する上で、理解することが必要です。
・施設責任者は、怒り、不安、恐れ、不理解をマネジメントし、施設運営することが必要です。
・障がい者と共に働く上で、必要なクオリティ、そして本質を提供します。

ページ上部へ戻る

お問い合わせ

お電話またはメールにてお気軽にご連絡下さい。